信学会トップ>幼稚園・キッズ >

上田南幼稚園からのお知らせ

2018年6月13日

絵本の大切さ

昨日、PTAさん主催の講演会がありました。講師には、福音館書店(絵本など作っている出版社)の絵本研究室に勤務されている「芳野 耕介さん」に来ていただき、幼児期における、絵本の読み聞かせの大切さについて、お話を伺いました。先生が一番強調されていたお話は「毎日、子どもに絵本を読んであげてほしい。絵本を何かのご褒美の代償としてとか、将来何かに役立てるためにとかではなく、純粋に子どもが絵本を読んでもらうことが楽しいと思えることが大切です」というお話でした。また、書店には様々な絵本が出ていますが、絵本は食べ物と一緒で「読んでいて安心感、温かみがあり、ストーリーの世界観がしっかりしている本がお勧めです。また、固有のジャンルにとらわれず、色々な絵本を読んであげてください」とのことでした。ご家庭で1対1で読んでもらう絵本、幼稚園で1対多で読んでもらう絵本、様々な場面がありますが、子どもたちが「絵本て楽しいな」と感じてくれるよう、園でもしっかり取り組んでいきたいと思いました。

CIMG6156

TOP